【DVD】栃木でつくる演劇WIP版『イト2019』

2019年3月11日上演
◆公演詳細はこちら◆

■イトとは?■
2011年3月11日。
東日本大震災を受けて書かれたSF青春群像劇「イト」
台本を携帯したまま演技する演出を取り入れた作品。
2011年5月に初演。
以降数度の再演、2014年には東京/大阪それぞれの土地の俳優で上演。
2017年は宇都宮春の演劇フェスティバルで上演。
その際もワークショップからキャストを選び、
独特の演出はそのままに、新しい手法で上演しました。
今回は三日間のWSを経て、最終日に上演する「ワークインプログレス版」
東京と栃木の俳優が共に集い
ひとつの舞台をつくり上げます。

■物語■
環境破壊が進んだ未来。
学校も遊び場もインターネット上にある時代。
地域とのつながりは、かつての時代よりも強くなっていた。
とある団地。
一般的な家庭、ごく普通の両親に育てられた少年「ヒカル」は、
成績優秀ながら、反抗期と人生に対する絶望からゲームに傾倒していた。
天才ゲーマーと呼ばれ「光クラブ」の頂点に君臨するも、
物足りなさを覚える少年はある日
「セカイ」と名乗る少女に出会う。 
2038年1月19日3時14分7秒
「世界が静止する日」
崩壊していく世界の中で、 繰り広げられる人間模様。 
人と人の絆を描く青春群像劇。

■出演■
常盤美妃
三國谷花
倉垣吉宏
渋谷翼
(以上、舞台芸術創造機関SAI)

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
小林機械

阿久津奈愛
今井悠莉
奈良貴大
橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
吉成容平(ニノマルプロジェクト)



2,500円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索